保育士求人会社に勤める男とは!?

保育士の求人会社に転職した20代のビジネスマンが興味を抱いた「人材」と「保育業界」について本音をつづる奮戦記!保育士の派遣や人材紹介について基本から学ぶことも出来ますよ!

売り上げの仕組みと目標ノルマ

保育士の転職報酬(人材紹介)においては相場がある程度決まっている。

 

保育士さんを保育園に転職させることが出来ると、保育園側から紹介料が会社に入ってくる。

 

この際に保育士さんからは1円もとっていけないことが派遣法で定められており、どんな形でも保育士からお金を取った場合、、、厳罰。

 

営業停止処分にあたり、、、真面目な話、会社が吹っ飛ぶことにつながる。

 

では、保育士の転職報酬相場とはいくらなのか・・・。

 

満額賞与を想定した、想定年収の20%。

(年収300万円×20%→60万円)

 

この相場は会社によって15%~30%前後に定めている。

 

 

 

実はここが一般転職業界との大きな隔たりがある。

 

一般業界では20%は相場通りであり、専門分野や役職転職となると30%は当たり前。

 

また想定年収も400万円~650万円と考えると、、、一人転職が決まると80万円~150万円程度が動く。

 

つまり保育士さんは一般転職と比較すると紹介手数料が安いのだ。

 

しかし、限られた予算で運営しており、この15年の間、保育士が余っていた業界の事情を考えると、運営側は高いと感じており、、、このあたりが大きな隔たりと言える。

 

そして、、、保育士を求人サイトに導くためには様々な方法で予算が必要となる。

 

ざっと概算で年収400万円の職員を雇用する為には・・・

 

年間で1000万円の売上目安が必要となる。

一人あたり年間で16~17名を転職させなければいけないのである。

 

(・インターネット上への広告費用)

(・サイト運営費と広告担当の人件費)

(・会社の維持費に出張交通費等)

 

 

しかしこの3か月で自分の売り上げは0。

 

1件だけ面接までつなげることが出来たが、求職者側が辞退。

(保育系は採用する側より保育士が辞退することが多い)

 

マネージャー以外は目標ノルマの達成も危うい。

 

この状況に自分は会社に行くのが嫌になっていた。

 

実はこの状況が人材業界で働くのに一番、やってはいけないことに気づいていなかった。