保育士求人会社に勤める男とは!?

保育士の求人会社に転職した20代のビジネスマンが興味を抱いた「人材」と「保育業界」について本音をつづる奮戦記!保育士の派遣や人材紹介について基本から学ぶことも出来ますよ!

伝説の男・保育士の小林大介②

明らかにどこにでもいるような普通、、、いや爽やかで人生を楽しんでいる男性保育士。

 

どうみても、この人が保育人材におけるレジェンドに見えない。

 

しかし、、、30分が経過した時

 

『それで、この仕事は楽しいかい??』

 

この言葉を境に、そこから気づくと、とにかく自分のことを彼に話している自分が居た。

 

そして気づくと時計は更に30分が経過。最初は彼のペースに乱されていたはずなのに、気づくと彼との時間が楽しく感じ、いつのまにか完璧に彼の空間に吸い込まれていた。

 

たった1時間で、ここまで『人との壁』を取り除くことが出来るのだろうか、、、この人は初めて逢ったはずなのに。

 

改めて考えると、彼との会話はうまく構成されていた。

 

 

 

まずは『え?』という行動から、相手のペースに巻き込まれることで、強制的に相手へ興味を示してしまう。この時にマイペース過ぎて壁を感じないから緊張がほぐれた様に自分も自然体になっていたのかもしれない。

 

次に彼は話上手以上に聞き上手だ。ポンポン会話が続くから、時間があっという間に感じる。その会話の中から様々なキーワードを拾って、相手の表情を感じながら相手にあわせて会話を掘り下げてくる。会話が楽しいと感じれば、そりゃあ『もっとこの人と話したい。』と思ってしまう。

 

更に彼はとにかく感情表現を現わすのが上手い。だから自分の言葉に反応してくれるとすごく嬉しい。というより『共感』というものが初対面の会話の中でこれだけ重要と感じたことはなかった。

 

そしてこの自分から話してしまった30分が本題の30分にとてつもない効果が発揮される。

 

 

『楽しいかい??』

この言葉から、明らかに彼の雰囲気が変わった。

 

『保育の現場もそうだけれど、自分は人と会話や”やり取り”を楽しみたいと思っている。どうせ関わるならば、その時間を思いっきり有意義に使いたい。』

 

『特にこの仕事は初対面がほとんどだから、ある意味失敗は許されない。だからこそ自分が伝えたい着地点を常に頭に入れながら、とにかく相手が何を言いたいのかを会話の中で探っていく。100%の関係なんて初対面では無理。だったら少しでもその関係性を深く築いていけるように、とにかく頭を働かせる。』

 

『相手は保育士さんだったら、”人に想いを伝える仕事”をしているのだから、人一倍に相手の表情や会話には敏感なはず。そして専門職として自分たちの仕事に誇りを持っているのだから、いかにその部分を一緒に共有できるか。もっと言えば『共感をもとにどこまで信頼』を築けるかが大切なんじゃないかな??』

 

 

・・・この時。彼は明らかに今までとは別人だった。

 

今までとは全く違って、一つひとつの言葉にとてつもない自信と重みを感じると共に、出会った時には全く感じなかった不思議なオーラが出ているように感じた。

 

あれだけ壁を感じなかった印象だったのに、今はとてつもなく大きな壁を感じる。彼はスイッチの入れ替えが出来る人だった。

(ATフィールドが全開だ・・・エヴァンゲリオンより。)

 

 

 

そして気づくと時計は予定時間を大幅に経過し、ラストオーダーに。

 

『どうせ今日はこの後の予定がなかったんでしょう??だから、思いっきり時間を使わせてもらいました。』

 

『保育もそうなんだけれど、答えってないんだよね。だから色々な選択肢があって面白い。部長も自分の性格を理解して、ひなあられを渡したんでしょう。この時期にひなあられなんて、どこにも売っていないよ、笑。』

 

『俺にとっては謝礼や高級菓子より、こっちの方が嬉しい。自分のことをちゃんと理解してもらえたってことだし、こんなものを用意する方が逆に恥ずかしくない??』

 

・・・つまり部長もだいすけさんの行動を予測して、この場所とこの手土産を用意していたのだ。

 

 

そして最後に・・・

 

『俺はこの3時間が凄く楽しかったよ。これからもよろしく★』

 

 

 

彼がどうしてこの保育の人材業界で、注目されていたのかよくわかった。

 

彼はとにかく印象に残る人なのだ。

 

彼は理論と感情が一体化していて、とにかく全てが自然体で、それが天性の人柄なのだ。

 

そして彼には”保育士”という土台と共感を持っており、そこに上述の天性の人柄が加わっているのだから『他人には真似できない』

 

それが彼の武器であり、彼はそのオリジナル性を高めるために『圧倒的な専門知識』を学ぶことで磨き続けている。

 

こんな人が保育園の先生にいるってことに自分はこの業界がとても面白いと感じることが出来た1日だった。