保育士求人会社に勤める男とは!?

保育士の求人会社に転職した20代のビジネスマンが興味を抱いた「人材」と「保育業界」について本音をつづる奮戦記!保育士の派遣や人材紹介について基本から学ぶことも出来ますよ!

伝説の男・保育士の小林大介①

小林大介

まだ保育士不足が表面化しておらず、保育士の求人会社が2つしかない時代に、人材業界にて活躍。

(すでにその頃からこの状況を見込んでいて、先見の明があったのか??)

 

もともとはどこにでもいる一般の保育士であったが、その時代に書き上げていたブログが保育士・保育学生の共感を呼び、その後、延べ100名程度が参加する若手を中心とした保育士のサークルを立ち上げ、注目を浴びる。

 

独自の人脈を駆使して今では主流となっている保育士専門の就職フェアの先駆けを含む、様々な保育関連イベントの主催、、、

 

年間で100名近くの保育士、保育学生さんとの面談や相談を行いつつ、人材紹介としては競合するようになった保育人材会社乱立戦国時代に単独で3か月・1400万円以上の売上を計上。

(うちの事業部では一人のノルマが”年間”で1000万円)

 

 

事業者の信頼も厚く、上述の人脈の広さも加わり、他社では取り扱っていない求人を独占的に抱えていることが強みで・・・

 

保育事業者だけでなく、東京だけでなく地方の保育士養成校とのつながりも深かった保育人材業界の中心を歩んでいたが、ある日いきなり人材業界から姿を消したらしい。

 

(後日、本人から『そんな立派な人間じゃない』とかなりの訂正をされたが、、、)

 

ネットに回っている情報と先輩たちからの情報をまとめると、やっぱり大物であることに間違いないと感じて、かなり緊張をしていたが・・・この緊張は意外な形で一瞬に解かれてしまう。

 

 

 

 

 

 

 

 

待ち合わせ場所は・・・

え??駅からかなり離れた喫茶店

(確かに落ち着いた雰囲気だけれどなぜココ!?)

 

 

時間になったが・・・現れない。

(少し到着が遅れますので何か食べていてください。それとチョコレートパフェを頼んでおいてくださいとのメールが5分前に届く)

 

そして・・・扉が開き、自分の目の前に現れたのは、黒めのGパンに白いパーカーを着て、綺麗な顔をした高校生のような若者だった。

(実際は30代自分より年上で、この見た目も彼の武器であることが後でわかるのだが。。。)

 

 

 

 

・・・どうしていいかわからなかった。

 

 

 

相手から『遅れてすみません』と丁重に頭を下げられ、慌てて自分も頭を下げた後に視線があうと、恐ろしく綺麗でまっすぐな眼で自分を見つめられる。

 

浅野さんとは全くタイプが違うが、この時から自分は完全にこの人にペースを握られてしまう。

 

とりあえず挨拶を済ませ『なぜこの場所を選んだんですか??』と質問すると・・・

 

『職場がここから近くて、ここのチョコレートパフェとポップコーンが好きだから、笑』

 

これには思わず拍子抜け。

(実はこれも後で深い理由があったのだが、、、半分はこの理由で正解。)

 

そして・・・チョコレートパフェが届くと、、、あまりの大きさとかわいいインパクトにビックリ!!

 

そしてそれを普通に美味そうに食べていく男。というか本当に美味そうに食べている。。。

 

その会話の中で『ここのお店、保育園の若手をたまに連れて来るんだけれど、気に入ってくれる子が多いんだよね。見た目も味も美味しいけれど、自分が知らないお店ってやっぱりワクワクするよね!』

 

少しずつだがわかってきた。彼は保育士なんだ。そして彼の行動がまさに保育士の行動なんだ。そして彼は人心掌握術に長けているのだ。

 

と分析し、納得しかけた自分はこの後に、また拍子抜けをさせられる。

 

 

 

部長から渡された手土産の中身は、自分が開けるように言われていたのが、中身はなんと・・・

 

『スーパーで売っている冷凍のベーコンポテト巻きが3パック』

 

『季節外れのひなあられ』

 

 

・・・嘘だろ。

 

浅野さんの時は誰もが知っている有名メーカーの高級菓子ときっと封筒の中身は謝礼だった。

 

小林さんへの手土産は、冷凍の総菜とひなあられ!??

 

自分の頭は真っ白だった。

 

自分の反応とはよそに、、、彼は目の前で大爆笑した。

その笑顔は演技でもなく、本気の大爆笑だった。

 

そして彼は・・嬉しそうに笑みを浮かべながら『彼の気持ちを受け取りました』と言って、そこから流暢に話始めた。

 

なんというか、、、全く凄い人に見えない!!

 

凄い人のオーラが全くない!!

どうみてもただの綺麗な顔した甘いもの好きの兄ちゃんだ。

 

 

時計をみると既に30分が過ぎていた。

 

しかし、、、この後、この全ての出来事が意味のある行動であり、彼が”真似できない”と呼ばれる真の姿を見せてくれることになる。