保育士求人会社に勤める男とは!?

保育士の求人会社に転職した20代のビジネスマンが興味を抱いた「人材」と「保育業界」について本音をつづる奮戦記!保育士の派遣や人材紹介について基本から学ぶことも出来ますよ!

人材紹介と派遣の違い

採用の形態は「正社員」「契約社員」「パート・アルバイト」「派遣」という求職者側のことはおそらく一般人でも理解出来ている人は少なくない。

 

ただ、求人会社としての立場で考えると意味合いはとても深く

 

〈人材紹介〉

→社員でもパートでもかまわないが、実際に採用が決まったら、その人の想定年収を計算して総額から15%~30%の金額を紹介料としてもらう。

 

東京の保育士の平均年収相場から3,150,000円を想定すると20%で630,000円が入ってくる。これはかなり美味しい。新聞の折込広告でだいたい50,000円だからかなりの高額と言える。でも50,000円払って採用0だってかなりの高確率であるのだから、どっちもどっちと言えるだろう。

 

 

〈派遣会社・派遣紹介〉

→毎月、事業者側から一定の金額をもらう。その中から自分の会社に登録しているスタッフに費用を払う。平成29年・保育業界の相場では・・・

 

保育園から2,000円+交通費を会社にもらう。

登録スタッフに会社から時給1,400円支払う。

登録スタッフの社会保険は会社が負担する。

 

計算すると・・・月20日の160時間勤務で。

会社には320,000円。スタッフには224,000円+社会保険料

概算で一人あたり毎月60,000円以上の利益が生まれる。

 

ちなみにうちは大手扱いなので上述より高い相場で利益も60,000円以上。

1年間契約してもらえれば700,000円以上が入ってく

 

 

〈紹介予定派遣〉

→一定の派遣期間終了後に、直接雇用として保育園にて直接契約することだ。この場合は一般的に3ヶ月間は派遣で働いて、双方ともに気に入れば紹介として直接雇用に切り換わるお試し的な制度だ。

 

これも実は美味しくて、保育の派遣は、一般の派遣とは異なり大体が1年以内に派遣を辞めて直接雇用に切り換わる。この場合派遣会社としては、派遣を辞められてしまうとその時点で費用がもらえなくなる。

 

だったら、いなくなる前に紹介料ももらっておこうというシステムでもある。

この場合は紹介料が派遣期間に応じて値引きされることもあるが、入ってくる金額は単独の紹介と単独の保育士派遣よりも多くなることが多い。